さぁ、みなさんご一緒に~!

続・Tという元生徒2007年11月18日 23時17分

昨日の朝8時前、Tの家の前にパトカーが2台、
駅前の派出所のバイクが2台、刑事さんが乗って
きた乗用車が2台、後から白い大きなワゴンが
1台やってきて停まった。カーテンは全部閉まって
いて、警官が3人ほどで家の周りを歩き、刑事さん
らしき人もまた3人で玄関を出入りする。他にも
警察官の姿が幾人も見えて物々しい。

T家の向こう隣の人が「下の子みたいよ…」と言う。
下の子って、Tだ。彼が暴れているらしいって。

そのうちに白い大きなワゴンがT家の玄関前に
ぴったり着けられた。9時半過ぎ、車が動いた。
ワゴンにはTが乗っていたのだろうが、中の様子は
見えない。車列の最後には彼の母親の車が続いた。

Tは今年の夏で21になったはずだ。

中学入学以来、彼の姿を見たのはほんの数回しか
ない。高校は希望通り近くの公立校に入ったらしい。
その後は東京でアパートを借り、専門学校と聞いた。

「暴れているらしい」って、警察の車が何台も来て
2時間近くもかかって、何がどうしたというのだろう。
子どものころのTしか知らない私には、とっても
ショックなことだった。

コメント

_ マハ ― 2007年11月19日 00時16分

こんばんはぁ~

それはショックだったろうなぁ~

接する時間があったのと、空白の時間があっての今が納得できないから余計でしょうね。

ピアノをやめて帰るときの表情が、気にかかる感じがしますね。
彼の心の鍵が開くといいね。

_ じゅん ― 2007年11月19日 21時57分

そうなんですよねぇ。
私に何ができるというわけでもないのにね…。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック