さぁ、みなさんご一緒に~!

「夢がかなう」2011年06月10日 23時03分


画像左、ホームにヘッドスライディングしている
選手は私のイトコの長男である。高校2年生。
詳しくは知らないが、野球では強豪校といわれる
学校らしい。

地方新聞に載った写真を、新聞社で分けて
もらったそうだ。それを私の母が「大きくして・・・」と
言うので、プリントしてみたんだけどね。

私のイトコは、この男の子に「夢がかなう」という
意味の名前をつけた。彼の夢はなんなのか聞いた
ことはないけれど、こうしてひたむきな姿を見ると、
応援せずにはいられない。

こういう子どもがいると、家族みんなの気持ちが
華やぐ。いつか彼の夢がかなうかも・・・と、みんなで
夢を見る。こういうところでも私は親孝行ができて
いないのだと、不肖のムスメは思うのである。

約20年前のこと2011年05月12日 22時18分

納豆やオクラのネバネバは苦手なんだけど、めかぶは大好物である。
隣の市のスーパーに行くと、よく買っていたのがこの画像のもの。

製造者は南三陸町・・・って、今日はじめて気が付いた。
津波の被害がとてもひどかった南三陸町。
朝ご飯を食べながら、テレビの報道や新聞記事を思い出して涙があふれる。
志津川というと、本当に海の近くだ。被害がなかったわけはないと思われるが、
こうして商品を出せているのだから、被災しながらも営業は再開したのだろう。
志津川の

約20年前、宮城県~岩手県をほんのちょっと旅行したことがあった。
仙台駅でレンタカーを借りて、ドライブしたのだ。一人でね。
1日目  仙台-松島-石巻-登米-志津川-歌津-気仙沼(泊)
2日目  気仙沼-陸前高田-一関-仙台
というコースだった。歳の離れた友人が仙台市内にいて、彼女を
訪ねる前にちょっと・・・というつもりだったのだ。

志津川でちょっとしたアクシデントがあって、歌津の辺りで日が暮れた。
気仙沼に着いたのは、たしか午後7時近かったのではないか。
その夜、友人に電話をしたときに彼女のご主人が、一関に行くの
だったら、陸前高田まではぜひ海沿いの道を行きなさいと勧めてくれた。
「景色がいいからね」って。本当にその通りだった。
キラキラ光る海にカキの養殖いかだが整然と浮かび、トビやカモメが
群れて飛ぶ様にも圧倒された。今思えば、広田湾の景色だったのだろう。

この二ヵ月、これらの地名を見聞きしなかった日はない。
旅行のことも、思い返してみることを極力避けていたように思う。
でも、このめかぶのパッケージで色んなことを思い出した。

オマケ2011年04月24日 22時52分

おいしいといいけど

中身はほんのちょっとのお菓子とゴムの風船。

避難所の子どもたちに、応援のオマケ。

詳細は別冊にて。
http://ameblo.jp/mini-suke/entry-10871507476.html

重い言葉2011年03月30日 22時51分


新聞に載っていた話。
テレビでも映ったそうなので、ご存じの方も多いだろう。
             (私は見ていなかったんだけれど)

『大丈夫、大丈夫、みんな一緒だ。
生きてりゃいいんだ、生きてりゃいいんだ』

このたびの地震と津波で被害の甚大だった
宮城県の石巻市。その日和山というところに
走って避難した小学生が多数あったそうだ。
この『大丈夫~』は、街が津波にのみこまれていく様を
日和山の上から見ていた小学生が、一緒に避難した
級友の肩を抱きながら言った言葉だそうだ。

重い重い言葉だね。

そして、すばらしい。

傷心の・・・2011年03月05日 23時29分


そりゃあ、間違いは誰にでもあるんだけどね、
今日のはちょっとショックだよぉ~!

早咲きの桜、まだ帰らずにいてくれた
たくさんのカモちゃん、すっとぼけた顔のミニ・・・。
それから、いただいたお菓子もあったっけ。

今日の写真、間違ってみんな消しちゃったのさぁ!
みぃ~~~んな、消しちゃったんだよぉ!

立春はあさって2011年02月02日 22時27分


「いらないわ、もう待ってないから」って、
笑顔で連絡先のメモを返しちゃった自分に
ちょっとびっくり。大好きだったのにね…。

もうすぐ春にむかう。

「イイコ」と後悔のセット2011年01月23日 22時34分

「親の言うことと冷酒は後からきく」
とかいうそうだ。う~ん、う~ん。
わからんでもないがね。
「するなということはするな」っていうのも
もっともだと思う。う~ん、う~ん。
わかるんだけどぉ。

『たくらみ』を抱きつつも、逡巡のじゅん。
らしくない…かもしれない。
今さら「イイコ」でいることもないとも思うし。
う~ん、う~ん、う~ん、ぅがーーーっ!

これまでの経験によると、「イイコ」と後悔って
大体の場合においてセットになるのよね。

誕生日の一日2011年01月18日 22時21分

足裏カット中


今日は誕生日。

たくさんの人に支えられ愛されて、今年もまた
無事にこの日を迎えられた。これ以上の幸せはない。

そして朝から、いくつものお祝いメールをもらう。
嬉しいねぇ~~~っ!

本業を入れずバイトも入れず、ミニと過ごすのだ!
と、昨日まではその予定だった。
実際は、午後から打合せが一件入ったけどね。
まぁ、許容範囲内だ。

午前中、ミニと『Kevin's Garden』に行く。
http://ameblo.jp/maxt1006/
毎月のオシリシボリと、今回はちょっとしたタクラミに
備えて、足裏カット。

楽しげな様子は改めて…。

がっかり蓄積中2011年01月09日 16時58分


去年暮れからの「小さながっかり」が蓄積中である。
http://mini-suke.asablo.jp/blog/2011/01/05/5625459

それでも、ちょっとずつは元気になって、気分も
軽くなってきて「よしっ!」って、今日は幕張メッセの
ペット博に出かけた。ちゃんと、ロー○ンで千円の
前売り券も買ったんだい!当日だと1200円だからね。

お気に入りのセーター着ておにゅーのブーツはいて、
スイカもチャージして、チケット持って…。

それなのに、あぁ、それなのに!「小さながっかり」が、
今日は「中ぐらいのがっかり」に成長しちまった。

あのね…入場の列に並んだら、持ったはずの
チケットがなかったのぉーーーっ!

家にもないし送ってもらった車にも落ちてないって…。
電話の向こうで、母が大笑いしながら言った。
「せっかく行ったんだから、1200円出して入りなさいよ」

入場の列をはずれてチケット売り場に並んだわよ。

別冊ご覧になってね↓
http://ameblo.jp/mini-suke/entry-10763095464.html

「大角豆」ってなによぉ!2011年01月06日 14時16分

大角豆

画像、手前の赤い豆は小豆じゃなくて大角豆。
母の友人からのいただき物。お赤飯にね、って。

だけど、私には「大角豆」って、ちょっとイヤな
思い出があるのである。
あ、そんな深刻な話じゃないのよ。
今は笑える話なんだけど、そのころはまだ…ホラ!
二十代だったからさぁ~ぐふふ、にじゅうだい。

多分、カタチンさんが詳しいと思うんだけど、
「大角豆」っていう地名や交差点があるざます。
そこでね、道に迷ってぐ~るぐるぐるぐる…。
何回も何回も「大角豆」を通っちゃって。

栃木の師匠のところに行くのに、いつもなら
R16からR4を使うのに、たまには知らないところを
走ってみたいと思ったのがコトの始まりだった。

「んもぉーーーっ!ダイカクマメってなによぉ!」と、
一人コメカミに青筋立てていたのである。
その頃はまだ「キレる」という言葉はなかったからね。

「ささげ」って読むって知ったのはそのときだった。
勉強になったドライブだったということで…。


今日の別冊は「大角豆」+α↓
http://ameblo.jp/mini-suke/entry-10759872378.html