さぁ、みなさんご一緒に~!

パンを焼く、ということ2011年09月13日 15時00分

焼けたよ
本当はすぐにでも欲しいのに、なかなか決断
できずにあーだ、こーだ…色々な理由をつけて
先延ばしにしていたパン焼き機。

何気なく覗いた量販店で『超特価』の札の付いた
それを見つけ、何も考えずに買ってしまった。
さんざん迷っていたわりに、最後は衝動買いである。

購入を考えているとき、母が言った。
「じゅんさんが忙しい思いをするだけじゃないの?」って。
まぁね、そうだろう。朝ごはんのために毎晩お米とぎを
するようには、母も父もしないと思う。これ、絶対に。

それでもさっそく、まずは基本の食パンを焼き、家族に
喜ばれて悦に入る。次はいよいよバゲットだと、専用の
粉を入手しに走るありさまだ。

基本の食パンは、材料を機械に入れさえすれば、
あとはそのまま出来上がりを待つのみであるが、
バゲットやテーブルロールなどはそうはいかない。
生地を休ませたら成型し、焼き上げるためには
もう一度、生地を機械に戻す。

パン焼きとは、けっこう手間がかかるものなのだ。

----------------

パンを焼く…で思い出されることが一つ。
ご存じのかたも多いだろう。



 小さい白いにわとりが、みんなに向かって言いました。
        “この麦、誰がまきますか”
       豚は 「いやだ。」と言いました。
       猫も 「いやだ。」と言いました。
       犬も 「いやだ。」と言いました。
   小さい白いにわとりは、ひとりで麦をまきました。
                
  小さい白いにわとりが、みんなに向かって言いました。
         “この麦、誰が刈りますか”
       豚は 「いやだ。」と言いました。
       猫も 「いやだ。」と言いました。
       犬も 「いやだ。」と言いました。
    小さい白いにわとりは、ひとりで麦を刈りました。

  小さい白いにわとりが、みんなに向かって言いました。
         “誰が、粉にひきますか”
        豚は 「いやだ。」と言いました。
        猫も 「いやだ。」と言いました。
        犬も 「いやだ。」と言いました。
   小さい白いにわとりは、ひとりで粉にひきました。

  小さい白いにわとりが、みんなに向かって言いました。
        “誰が、パンに焼きますか”
        豚は 「いやだ。」と言いました。
        猫も 「いやだ。」と言いました。
        犬も 「いやだ。」と言いました。
    小さい白いにわとりは、ひとりでパンに焼きました。

  小さい白いにわとりが、みんなに向かって言いました。
        “このパン、誰が食べますか”
        豚は 「食べる。」と言いました。
        猫も 「食べる。」と言いました。
        犬も 「食べる。」と言いました。

-------------------

あの未曾有の大震災から半年である。
色んなことがガラリと変わったり少しずつ変わって
きたり、それは良くも悪くも両方あるだろうけど、
でも多分、あちこちで「小さい白いにわとり」が前よりは
増えたんじゃないだろうか。

都合のいいときだけヌッと出てくる豚や猫や犬は、
やっぱりいいもんじゃない。
みんなが気づかい合って生きていきたいものね。